ヒアロディープパッチとボトックスの効果

ミニスカートの似合う足にするふくらはぎボトックス

ヒアロディープパッチ、オデコディープパッチ、ミケンディープパッチは、自宅でできるプチ整形的なものですが さすがに足を細くするディープパッチはありません。 顔のしわ取りに使われるボトックス注射ですが、実は顔以外にも使う方法があります。 顔はディープパッチでセルフでやればいいので、不要だと考えますが、足の悩みには位以下もしれません。

ボトックスは表情筋だけでなく、他の筋肉にも有効で、色々な美容整形治療に使われています。


そのなかで、ふくらはぎボトックスというものがあります。


ふくらはぎをすっきりさせて、細く美しく見せるという、美容整形です。


ボトックスをふくらはぎの筋肉に注入することで、筋肉を収縮させて、スマートに美しく見えるようになるそうです。


但し、単に太っている場合は、脂肪が原因ですので、その場合は、まずはダイエットや、脂肪吸引の方が効果があると思います。


ボトックスをつかう場合は、太っているわけばはないのに、ふくらはぎが太くてこまっているばあいでしょう。


持続効果はやはり6ヶ月前後ですが、筋肉が動かなくなるぶん、だんだん元にどりにくくなって、効果が長続きすることもあるようです。


ふくらはぎのボトックスの副作用についても、注意してください。


効果がありすぎた場合、筋力が低下しすぎて歩行困難になるるなどの副作用があります。
但し、注射して数日は、だれでも足がもつれるなど、筋肉の動きが抑制されるので、あるようですが、徐々にもとにもどるようです。


またあまり短期間でなんどもボトックスを注射すると、耐性ができて、ボトックスの治療効果はなくなるようなので、最低でも3ヶ月は間をあける必要があるようです。

多汗症にも効果があるボトックス治療

多汗症というのは、その人が日常の生活に困るほど、部分的に汗を多くかくこと場合にいわれます。

 

手とか足とか、びっしょりとなるぐらい汗をかくので、本人にとっては重大な問題ですね。

 

これまで多汗症の治療は、重症の場合は、切開手術によって交感神経節の一部を破壊して神経を遮断するという方法で行われていて、効果もあるようですが、多汗症の部位の汗を止めると、他の部位で代償発汗が起こる可能性がおおいようです。

 

また汗を放出する指令をつたえるアセチルコリンを抑えるための内服薬の服用や、効果は期待出来るがアレルギー反応のでやすい塩化アルミニウムローションやホルマリンなどを塗る方法などがありました。

 

これらの方法より、副作用が少なく、手軽で効果が期待できるとして、ボトックス注射によって多汗症を治療する方法が多くもちいられるようになりました。

 

ボトックスは、多汗症の部位に注射をするだけでアセチルコリンの放出を抑えるた効果があるそうです。
現在は多汗症ボトックス治療が主流となっているようです。

 

ボトックス注射によって、汗を抑えることで、多汗症を治療することができるようです。

 

手や足に必要以上に汗をかく場合、汗をかく場所にボトックスを注入するという方法で治療をおこないます。

 

但し、わきがの治療の場合は、わきがと多汗症は、原因となる汗腺がことなるため、基本的には異なるようです。

 

しかし、わきがを根本的に直すには、切開手術が行われるため、ボトックスによる汗を抑える効果を利用して、改善されるようであれば、切開手術する方法よりもリスクが低いというメリットがあるので、ボトックスによるわきが治療も行われているようです。

ヒアロディープパッチとボトックスのしわ取りの違い

ヒアロディープパッチで、目の下や、ほうれい線の改善。

 

オデコディープパッチでおでこのしわを改善する。

 

眉間はミケンディープパッチで折れ癖を改善できると思います。

 

ではボトックスでのしわ取りはどういうものでしょうか?

 

ボトックスでのしわ取りはシワの原因となる筋肉にボトックスというポツリヌス菌から取り出した毒素を原料とする医薬品を注入する事によって、

 

神経から出る筋肉を動かすための伝達物質を抑制する事によっての筋肉の動きを弱くさせて、シワを作らないようにするというものです。

 

この療法は美容整形医院など病院で受ける必要がありますが、ボトックス注射は1カ所10分前後で済んでしまいますのでで、

 

その他の時間を入れても、日帰りで済んでしまう美容整形です。

 

こんなに簡単にシワが消せるのはありがたいですね。

 

ただし効果は半年ぐらいなので、結局元に戻ります。

 

であれば、ヒアロディープパッチで改善し続けた方が、コストが安いかもしれません。

 

また色々なデメリットもあります。

 

ディープパッチと比べたボトックスのデメリット

厚生省の認可がありませんので、クリニックの医師による個人輸入でボトックスは入っていくようですが、生産国や輸送業者の善し悪しで、ボトックスの品質も変わってしまうようなので、

 

安いクリニックがある場合は、製造国や輸送時の保冷かなされているかどうかは確認した方がよさそうです。

 

効果が出ないとか、直ぐ効果が無くなるとかならまだしも、副作用などが起きたら大変ですから、ディープパッチよりかなりのリスクがあると言わざる終えません。

 

費用も月数千円で済むディープパッチよりはるかに高いです。

 

ボトックスの料金は、なんとシワ1つで数万円なんです。

 

その費用で、ミケンディープパッチ、オデコディープパッチ、ヒアロディープパッチを3を購入してもおつりがでます。

ディープパッチと比べたら副作用も大きい

心配なボトックスの副作用については、表情筋に注射した場合、表情があまりでなくなるようなことはあるようです。

 

表情が上手く表せないというのはディープパッチではあり得ませんからね。

 

効果が半年前後ということなので、自然ともとにもどるようですので、メスを使った整形手術のように基本的に簡単には元に戻せない美容整形よりは、危険性は少ないでしょう。

ボトックスでしかできない小顔

実は顔に関する美容的な効果として、どのディープパッチでもできないことが、

 

ボトックスには出丸事もあります。

 

それが小顔効果を出すことです。

 

単純にシワを消すだけでなく、顔全体を小さくする、いわいる小顔にも効果があるのです。

 

さすがにこれは、どのディープパッチの効果を駆使しても、まねはできません。

 

ボトックスで小顔にする方法は、いわいるエラと呼ばれる部分の咬筋にボトックス注射をすることで、筋肉を収縮させて薄く、細くしてしまうという方法なので、

 

ヒアロディープパッチでも、ミケンディープパッチでも、オデコディープパッチでもできない効果ですね。

 

エラボトックスなどとも表現されるように、基本的にボトックスでの小顔美容整形は、エラの部分を細くすることが主体ですので、肥満による脂肪太りの場合は効果がありません。

 

ただし費用的にはで20万円以上はかかるので、そうそうできるものではないですけれどね。

塗るボトックスと言われるものもある

実は、ボトックスも自宅で、ディープパッチのように使うこともできます。

 

といっても、ディープパッチのように、肌にヒアルロン酸の針を刺すがごとく、

 

ボトックスを刺すというものではありません。

 

ボックスの美容治療が禁止されているスペインで開発された、「塗るボトックス」というものがあります。

 

塗るボトックスといっても、ボトックスが入っているわけではなく、皮膚に塗るだけでボトックスと同じ効果を発揮する成分が入っているということです。

 

皮膚に塗るだけで、ボトックスと同じ効果があるとするとそうとう画期的な事だと思いますが・・・

 

まったくボトックスの同じだけの効果があるとは限らないようです。

 

ボトックスよりも少し効果が出てくるまでは時間がかかるようで、シワの改善まで、根気よくつづる必要がありそうです。

 

それだったら、朝にはふっくらとしているディープパッチの方がはるかに時間がかからないでしょう。

 

それに実際使って見ましたら、私は塗るボトックスと言われた製品を試しましたが、全く効果が無かったですからね。

 

この塗るボトックスは、アルジルリンという物質で、日本でも認可されいる物質なので、副作用についてはさほど心配はないと思います。

 

しかし直接筋肉に注射するボトックスほど劇的な変化は期待できないです。

 

価格は1000円ぐらいのものもあるので、安く買えますが、安いものは濃度も低いようです。

 

やっぱり、ディープパッチのほうが私はずっと効果が高いのでお勧めです。

page top