ヒアロディープパッチでは足りないしわたるみはフォトRF

フォトRFとは、しわたるみの解消方法です

フォトRF、あまり効かない言葉だとおもいますが、フォトRFというのは、光治療とRF(高周波)を組み合わせた若返り美容整形方法です。

 

リフトアップ効果があるため、しわやたるみの解消として有効な方法です。

 

あさいしわであればヒアロディープパッチで十分ですが、たるみを伴う大きなしわはさすがに困難です。

 

目の下の小じわ程度の状態であれば、ヒアロディープパッチで十分改善できると思いますが、

 

たるみが酷い場合は困難です。

 

また、おでこのしわもあさいうちであれば、オデコディープパッチでなんとか改善できると思いますが、

 

深く刻まれてしまった後では、多少ふっくらさせることは一時的にできても、

 

なかなかしわを゛すまで二はいきません。

 

この場合におすすめしたいのは、・顔のしわたるみ全部に効果があります。

 

レーザー治療と違って痛みもなく、フォトRFという顔全体のしわやたるみの改善方法です。

 

光治療というとフォトフェイシャルという治療が別にありますが、このフォトRFではそれに加えRF(高周波)を利用するもので、

 

フォトフェイシャル以上の効果がみこめるというわけです。

 

RFがあらわすのは、高周波のことで、この高周波はコラーゲンやエラスチンの増加を促進することが知られています。

 

その効果で「しわ」「たるみ」を治療できるということになります。

 

さらせ光治療ではメラニンの排出や毛穴の引き締めの効果があり、しみ、くすみ、そばかす、にきび、にきび跡などの解消にもなります。

 

つまりフォトRFは、ボトックスのような対処療法ではなく、肌自体の老化解消になるわけです。

 

ただし効果を得るには通常数回〜十数回の治療を受けなくてはなりませんので、継続的に通える方でないと、治療ができません。

 

治療の時間は30分程度ですので、1回に要する施術は短時間ですみます。

page top